*

『妻だけED』度チェック

公開日: : 最終更新日:2013/12/20 妻だけEDについて

妻だけEDについてはこちらの解説ページである程度分かっていただけたかと思いますが、具体的にはどんな症状があるのでしょうか?
チェックリストでみてみましょう。

妻とSEXしようと思わない。

妻とSEXしようとしても勃起しない。

交際or新婚当初はSEXしていたが今はできない。

いつから妻とSEXしていないかよく思い出せない。

妻は「女」というより「家族」「母親」だ。

妻がいいというならこのままSEXなしの夫婦でもいいと思っている。

妻側からSEXを求められると苦痛だ。

妻とSEXや性に関する話をするのは苦痛だ。

妻を満足させられないという不安がある。

自分のSEXや性器にあまり自信がない。

妻のほうが自分より頭がいいのではと思うことがある。

女性側からSEXを求めるものではない。

年を取れば妻とはSEXしなくなっていくものだ。

オナニーをしている。(勃起する)

オナニーのときは妻以外の女性のことを浮かべる。(AV鑑賞含む)

妻以外の女性とSEXできた、またはできると思う。(勃起した)

疲れが溜まっている。仕事等でストレスが多い。

妻には伝えていないが不満がある。

妻が容姿や下着に気を使っているとプレッシャーだ。

妻には「どうせわからないだろう」と思い話さないことが多い。

妻との日常会話は必要最低限だ。

自分から妻にスキンシップやキスを求めることはない。

妻からスキンシップをされると暗にセックスを求められているようで憂鬱だ。

 

10個以上チェックがついた方は妻だけEDと思われます。

(このチェックリストは医学的根拠に基づいたものではありません)

 

関連記事

『妻だけED』は夫だけが悪いわけじゃない。

男はつらいよ。 日本社会では、 女性に比べ男性のほうが多くのストレスに さらされやすい環境と言

記事を読む

『妻だけED』で妻は確実に『離婚』を意識している。

妻にとっては「たかが」セックスではない。 「たかがセックスで離婚?バカな。」 そんな風に思う

記事を読む

no image

妻から「どうして?」と問われたら。

「最近どうして誘ってくれないの?」 「私じゃ魅力ないの?」   女性の側から

記事を読む

「SEXだけが大事じゃない」という言葉の裏

  妻だけED夫の言い訳に多い言葉。   「SEXだけが大事っ

記事を読む

嫉妬させ屋を使ってレス解消

夫に嫉妬されたい!! セックスレス解消には『嫉妬』が有効なんだけど、はて?どうやって嫉妬させよう?

記事を読む

no image

妻にとってのSEXとは?

セックスレスが原因で自殺する妻がいると言ったら あなたは驚きますか?   女

記事を読む

若い人にも多いってホント?

  はい。本当です。 妻だけEDはむしろ若い年代に増えているのです。 若

記事を読む

うちの妻は違うというあなたへ。

    うちの場合、妻からセックスを断固拒否されている、だからしていない

記事を読む

妻に魅力がないわけじゃない。

妻の魅力と妻だけEDの関係性とは? 以前は自分を欲して抱いた夫が、 もう見向きもしてくれない。

記事を読む

夫婦間セックスがないのは異常です。

  昨今日本ではセックスレスが増え、 悪い意味で「当たり前」な風潮が蔓延してしまっ

記事を読む

no image
私がずっと追い求めていたものはコレだった。

レス解消して、私が得たもの。 旦那が妻だけED真っ只中だったのき

no image
妻だけEDセックスレスだったのに夫のほうから襲ってくるようになった奇跡

わずか1週間ぶりにまた夫側からアプローチがありました。 しかも交際初

no image
絶対に自分から誘ってこなかった夫が変わった。

約1ヶ月ぶりに昨日ありました。 そのきっかけが今までとはちがった。

no image
読み返すとこのブログやばい。

長期レスのときのブログを読み返すと、ほんと恐ろしいこと書いてるなー。

no image
夫婦セックス、こんなのはじめて?

2018520 先週に引き続き、昨日また!!! 小旅行先のホテルで

→もっと見る

  • ハンドルネーム: キナコ(旧:妻子)

    夫に抱いてもらえないアラサー妻。夫は性欲あるけど妻に興味はなし、トイレ引きこもり、オナニーが大好きな妻だけED男。お互い体裁は保っているので仮面夫婦。
    現在は完全セックスレスではないもののペースはどんどん落ち気味で不安。
    つらい気持ちの吐露や、妻だけED夫に言いたいことをサイト&ブログで書いてます。
    Twitter: @otona_kinako

PAGE TOP ↑