*

奥さんを淫乱呼ばわりしないで。

公開日: : 最終更新日:2014/01/09 妻だけEDについて

あなたが結婚した女性は淫乱?

セックスレスのことを頻繁に持ち出したり、離婚理由として挙げると
「淫乱」呼ばわりしたり「性に関心がありすぎる」と軽蔑する男性もいるでしょう。

念のため言っておきますが奥さんが離婚を意識するのに
「自由になってほかの男とセックスしたいわ~」
「旦那とのセックスじゃ満足できなくて・・・」
なんて思いはほとんどありません。
あったとしても1番の理由ではないでしょう。

離婚を意識する理由は、
このページでも書いたように、
寂しさと悲しみとむなしさと絶望感であったり、
夫の信頼関係が築けなかったことにあります。

そもそも
「淫乱」「痴女」呼ばわりされるような女性とあなたは結婚したのですか?
そういう風に考えてしまうのは「人妻もの」のポ○ノの見すぎです。

確かにセックスレスを訴える妻の中には性欲が旺盛な人もいます。
それがなにか悪いですか?
性欲は人間の3大欲求として誰もが備わっている欲求の1つです。
どうしてそれを非難することができますか。
あなたが「すごく腹が減った」と言って、
それを「卑しい奴だ」と軽蔑されたらどうしますか?
どうか性欲をもった妻を「正常に健康な女性」として正しく見てください。

妻を淫乱呼ばわりする夫の心理

そもそも妻をそのように卑下したり見下し軽蔑する傾向のある夫の心理は、自分に自信がないことの裏返しであることが多いのです。

自分のセックスや性器に自信がない、
ひいては体力、いや、仕事自体にも、人生にも自信がない。

自分を好きになれない人は、他人のことも心から愛することが難しい。

性別に関係なく人間には弱い部分があるものです。
自分の弱い部分を、せめてまず自分が認めてあげましょう。

 

関連記事

妻だけED改善策のヒント

妻だけED、セックスレスを改善するのに 良いヒントになりそうなサイトやブログのリンクを掲載して

記事を読む

no image

夫が女と浮気したらどうするか、現実的に予定?を立てる。

昨日の夕方、気分が荒れ狂い、 家の中のものを投げてストレス発散してました。 小心者だから壊れないも

記事を読む

『妻だけED』夫婦の結末

・夫が妻のつらさを理解しないから妻は不倫します。 (人妻は人気、割り切り需要多い、不倫の始め方

記事を読む

no image

昼顔最終回感想文

うーん! 予測はハズレたけど、 スッキリー!な終わりかただった! 元サヤに戻る終わりかたよりも

記事を読む

no image

こんなブサ嫁、、、。

夫が私に興味がないので、 開き直って最近家では休日以外いつもスッピン。 スッピンの自分の顔ばかり見

記事を読む

嫉妬させ屋を使ってレス解消

夫に嫉妬されたい!! セックスレス解消には『嫉妬』が有効なんだけど、はて?どうやって嫉妬させよう?

記事を読む

no image

妻にとってのSEXとは?

セックスレスが原因で自殺する妻がいると言ったら あなたは驚きますか?   女

記事を読む

レス夫はどこも一緒だね。

今ドラマ昼顔みてます。 妻が可愛く 『仲良ししようよ』 夫 『うん、そうだな。  &n

記事を読む

no image

妻の不満度チェック

このサイトに来ているということは、すでにセックスレスのことでしょっちゅう喧嘩しているかもしれません。

記事を読む

うちの妻は違うというあなたへ。

    うちの場合、妻からセックスを断固拒否されている、だからしていない

記事を読む

no image
押せば引く、引けば押す?

夫に誘われるまでの数ヵ月、 わたしは セックスに関心がありませ

no image
何故か夫が求めてくるようになった。

久々の更新です。 7月のなかば頃、夜の夫婦関係がありました。 夜寝

no image
否定しきれない男の願望。

久々の更新です。 その理由は。   出張後

no image
久々の更新

三ヶ月近く更新が滞ってしまいました、、。 しばらく入院してました。。

no image
会社携帯が怪しい。

夫が私に嘘をついて食事にいっていた女、最近はスマホを見る限りやりとりな

→もっと見る

  • ハンドルネーム: キナコ(旧:妻子)

    夫に抱いてもらえないアラサー妻。夫は性欲あるけど妻に興味はなし、トイレ引きこもり、オナニーが大好きな妻だけED男。お互い体裁は保っているので仮面夫婦。
    現在は完全セックスレスではないもののペースはどんどん落ち気味で不安。
    つらい気持ちの吐露や、妻だけED夫に言いたいことをサイト&ブログで書いてます。
    Twitter: @otona_kinako

PAGE TOP ↑